(by paco)159から156に戻って感じた、タイトさ

| コメント(0) | トラックバック(0)

(by paco)僕のAlfa156が戻ってきました。わーいい。

記録を見ると、8月2日夜に故障して、8月3日に工場に入庫。戻ってきたのが8月26日なので、23日間でした。寂しかった(;_;)

というような気持ちをクルマに感じるということ自体、多くの皆さんには共感できないところかと思いますが、まあ、こういう人もいるということで、お読みください。

8月3日から8日までの5日間は、レンタカーを借りてまして、日産ティーダ・ラティオでした。その後、工場で代車を提供してもらい、8日から26日まで、18日間をAlfa159ですごしました。

Alfa159とはどんなクルマか、という話は、こちらに書いているので、みてください。
Alfa159を借りる

アルファロメオの記事全部IMGP9195.JPG26日、代車の159から僕の156に乗り換えて、最初に感じたこと。

「引き締まってる?」

まず、シートが堅い。というか、がっちりしている。159も革内装だったのだけれど、あんこのウレタンが柔らかく、沈む感じ。シート自体も大作りで余裕あり。my156は、あんこが堅くて、サイドサポートがぐっと分厚く、シートに抱きかかえてもらっている感じ。すぽっとはまると身動きの余地がない、とまでは言わないけれど、しっかりホールドしている。このタイトな感じが、そそるのだった。

走り出してみると、my156はステアリングはがっちりと重く、ブレーキは浅くてすぐに効いてくるし、アクセルに対する反応もリニア。サスペンションははるかに堅くて、路面をはっきり伝えてくる。比べると159はどの動きもゆったりしていて、人に優しい。クルマとドライバーの間にしっかりした緩衝地帯、翻訳装置が入っているのが159、よりダイレクトにつながっているのがmy156という感じ。

もちろん、クルマの平均値から言えば、159も充分にダイレクトだし、翻訳のしかたが違うだけで、とてもリアルに外の状況を伝えるのは、アルファロメオの伝統。でも、そのダイレクトさがこんなに違うとは思わなかった。

ステアリングを切る、アクセル、ブレーキを踏む、いいズレの動作にも反応が正確で、きびきびしているのがうれしくて、このダイレクトな操作性があるから、針の穴を通すような正確なライン取りができる(したくなる)のだと思い出しました。ひとことで言えば、スポーティ。

my156のステアリングは、ロックtoロック2回転(標準は3回転)で、右に1周、左に1周しかしません。遊びのないステアリングをちょっと切ると、クルマがすっと向きを変えるし、サスペンションはしっかり沈んでロールして、荷重移動を伴いながら、遠心力にあらがって向きを変えていく。前に乗っていた147(156とシャーシは共通、エンジン、ボディが小型)は、この特性がもっと顕著で、ひらりひらりと身を翻してよく曲がったのですが、156は比べると、アンダーステアも強いし、シャーシのキャパもぎりぎりなので、ヒラヒラというよりは、狙ったラインに載せるように事前の戦略が必要。147ならコーナーに入ってからでも、クリッピングポイントの手前でも、切ろうが踏もうが、いかようにコントロールを受け付けたのだけれど、156はそこまで自由じゃない。でも、そのぶん、どのように回るのか、事前にしっかりイメージできているかどうかでコーナリングが変わる。自由度が足りないのは、147と同じシャーシによりハイパワーナエンジンを載せているからで、シャーシのキャパいっぱいいっぱいなのだ。シャーシに余裕があって、クルマに遊んでもらっている感じの147に対して、クルマと対話することが求められるのがmy156。という感じ。

ちなみに159になると、シャーシはぐっと速くなるので、安全性は高いけれど、ボディも大きくて重いので、もともときわどいぎりぎりのラインや速度を狙おうという気持ちがなくなってくる。余裕のあるスポーティさで、大人の乗り味。でも、僕は、大人な159より、やんちゃな147より、クルマとの対話が楽しめる156がいちばん気に入っている。ことの気がついた。

スポーツなんか嫌いだ、という僕が、なぜクルマにはスポーティさを求めるのか、自分でもよくわかりません。あえて言えば、いわゆるスポーツから、「うっとうしい人間関係に基づく非合理さ」と「苦しい汗」の部分を覗いたものは好きなのだと思います。だってスキーやスキンダイビング(素潜り)は好きだから。どっちも、汗かかないし。

SDIM1191.jpg
六兼屋について、久々に洗車して、コーティンググロスで仕上げて、美しいヌヴォラブルー(不思議な玉虫色のボディカラー)の輝きを見ていると、本当に綺麗だなあと思う。今まで何台も車を乗り継いだけれど、いちばん、高く評価しているのはこの156なんじゃないかな。そういうクルマに出会えて、クルマが人生の質を高める。ということもあるんだよ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://w0.chieichiba.net/mt/mt-tb.cgi/970

コメントする