(by paco)おとなの社会科 otosha04-4 YouTube

| コメント(0) | トラックバック(0)

(by paco)おとなの社会科は、先週木曜日、シリーズ5「日本人はなぜ貧しいひとが多いのか」のday1を実施しました。

毎月コンスタントに2?4回やると、グロービスよりたっぷりの回数ですから、こちらも充実感を感じます。僕自身が一番「教えたい」「伝えたい」ことだけを毎回テーマにしているので、話していて楽しいし、受講者がそれを真剣に受け取ってくれたり、それをきっかけによりよい方向に変化しているのを見ると、何よりうれしい。

ビジネスとしてのおとなの社会科も、いろいろ決めなければならないことが多く、まだまだ不備が多いのですが、可能な限り早く前進させながら、今の手応えを大きく広げていきたいと思っています。

受講者は、じょじょにではありますが、確実に増えてきているし、今月から正式に始まった「otoshaラジオ」にも申し込みが増えてきて、音声での受講もやはりけっこう良さそうだな、と手応えを感じている次第。

実際に「ラジオ」をやるためには、当日確実に録音やVTR録りをするのはもちろん、機材も品質のよいものを使う必要があり、今回はそのために、ローランドの「Edirol R-09HR」を購入して、よい音で録音しました。このマシンは、ミュージシャンがスタジオでデモテープを録ったり、FM局で取材用にもよく使われていて、ノイズが少なく、臨場感がある音が録れます。

今週末は、セミナーのときにとっておいたVTRと音声を編集して、ラジオ会員にダウンロードしてもらうべく、サイトを用意したり、ファイルの編集をしたりで終わってしまいました。やり方のノウハウもつかめてきたので、次第に手間がかからなくなりそうです。

編集のために聞いていて思ったのは、「otoshaラジオはなかなかお買い得!」ということ。自分でいうのもなんだけど。レクチャーの全容がかなり臨場感を持って聞けて(受講生同士のやりとりのうち、プライバシーに関するところは削除)、このお値段だと、なかなかいいんじゃない?と自画自賛しています。

ひとまず、YouTubeにお試し動画を追加しました。

▼「おとなの社会科」セミナー-4 ユダヤと米国、民主主義のday4

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://w0.chieichiba.net/mt/mt-tb.cgi/905

コメントする