(by NAMI) オバマ大統領就任式

| コメント(1) | トラックバック(0)

(by NAMI)
ご存じのように、Martin Luther King dayの翌日の今日、
1月20日に、オバマ大統領が正式に就任しました。

昨年の11月以降、テレビではさまざまな角度から、
オバマ氏を特集する番組がたくさん放映されていて、
国民の盛り上がり度は絶頂です。

ロサンゼルスとワシントンは時差が3時間ありますが、
ちょうど会社に行く前に、就任式の中継を見ることができました。

まず、映画「フォレスト・ガンプ」で、ベトナムから帰還したフォレストと、
幼なじみのジェニーが再会するシーンで有名なナショナルモールが、
人、人、人で埋め尽くされていたのにびっくり・・・。
みんな吐く息が白い。天気はいいけど、すごく寒そう。
でも、顔はやはり晴れやか。

一方、オバマ氏は、肩にのしかかる計り知れない重責を感じているか、
それとも、やっとここまできたという安堵感からなのか、静かな菩薩のような表情。
本当は、どんな思いなのだろう・・・?想像しようもない。

待ちに待った演説では、いつもの低くて、しかし若さとチカラのある声。
それを聞いて、泣いている人も多かった。

個人的には、選挙活動をしていたときからオバマ氏を応援していたのですが、
彼はどこか、何かを悟っているような、人間離れしたような空気感がある。
ブッシュ前大統領は、ある意味、人間らしさ丸出しすぎだった?(笑)

それにしても、ブッシュ前大統領が登場した時だけ、
会場が静まりかえったのには驚いた。あんなにもあからさま?(汗)
アナウンサーは、それに関しては何もコメントしなかったが、
誰もが気がついていたと思う。
もしかしたらブーイングも出るか?と耳をすましたが、厳粛な警備のせいか、
それともテレビ側でマイクを調整したのか、それらしきものは何も聞こえなかった。

経済不況の真っ只中、アフリカン・アメリカン初の大統領が就任。
この歴史的瞬間に、アメリカにいることは貴重だと思う。

移民者で成り立ってきた国なのに、
移民者でさえ、白人の大統領を選んできた。
そろそろ、新しい試みがあっていい。

どうなるかは、まだ誰もわからない。
私たち外国人にも、良くも悪くも環境の変化が訪れ、
色々な影響が出てくるだろう。

ただ、彼のあの素晴らしい言葉の数々と、
人々に希望を与える演説が、”本物”だと実感できるかどうか?
しばらく、この国で見守ってみたい。

というわけで、政治の話は私のジャンルではないけれど、今日は特別に。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://w0.chieichiba.net/mt/mt-tb.cgi/726

コメント(1)

貴重な実況をありがとう!
こういう社会の空気感をぜひちりばめて、NAMIさんの今を伝えてください。

コメントする