(by まつおっち)自分の未来を予言しよう!

| コメント(0) | トラックバック(0)

(by まつおっち)

5、6年ほど前に開催された、ある半日のセミナーで一緒になったというだけの縁なのに、
いまだに年に1、2回定期的に集まっている仲間たちがいます。

みな、別々の会社で様々なポジションに就いていて、まったく利害関係のない集まりです。
ですから、本当に気のおけない、ざっくばらんな楽しい会話で毎回遅くまで盛り上がります。


実はこの会、きっかけが自然発生的なこともあって名称がありません。
もちろん、別に名称がなくても困りはしないのですが、以前に一度、私の提案で

「予言の会」

と称して集まったことがあります。

「予言の会」なんて、ちょっと怪しい響きですよね。

でも、内容は決して怪しくありません。「予言の会」でやったことは、
各自が順番に、将来の夢をみんなの前で話すというものです。

語る夢は、10年以上先のものでも、3?5年先の比較的近いものでもなんでもOK。

「自分の未来はこうしたい、こうあってほしい」

という思いを自分の胸の中にだけしまっておかずに、
仲間に公言することが目的でした。


さて、私が「予言の会」を提案するに当たって、仲間に説明したのは

「自己成就的予言」

というキーワードです。

「自己成就的予言」とは、「自分の未来はこうなる(こうしたい)」と
強く願っていると、実際に実現することが多い、という現象のことです。

これは不思議なことでも何でもありません。

「こうあってほしい」という願望を持っていると、意識的・無意識的に
その願望が実現するような行動をしてしまう。その結果、その予言が
成就しやすくなるというだけのことです。

そこで、「予言の会」では、あえて各自の「夢」を意識的に言葉に出し、
みんなの前で「予言」することによって、その夢の「実現可能性」を高めましょう
という趣旨だったのです。


この「自己成就的予言」は、あなたも今日からでも活用することができます。
あなたの夢はきっと叶うと信じ、それを「予言」として周囲の人に伝えるのです。

たとえば、あなたが、
どうしても中国に関係する仕事がしたいと思っていたとします。
でも中国にはなんのツテも知り合いもいない。
どこから手をつけていいかもわからない。

それでも、どうにかしたいという思いが強いのであれば、
そのことを会う人会う人に「夢」として語りまくる。
あるいはブログなどに折に触れ書くのです。

そのうち、「中国に詳しい人に先日会ったから、紹介しようか?」
などと言ってくれる友人が出てきます。

あるいは、たまたまパーティで隣になった人が、

「えー、あなた中国に関心があるんですか。
 私は中国関連のビジネスをやってるんですよ!」

などと、幸運な出会いが起きたりします。


成功している人の多くは、成功の理由を聞かれた時、
「運が良かった」とか、「偶然のいい出会いがあった」と説明することが多いですよね。

しかし、「幸運」や「偶然のいい出会い」は、「成功したい」という強い思いが
様々な行動に反映され、その結果としてひきよせられたものに過ぎません。

すなわち、「自己成就的予言」が効果を発揮したおかげで成功したということなのです。


もちろん、すべての予言が実現するほど世の中は甘くありません。
しかし、社会の中で生きている私たちに「運」を運んできてくれるのは、
ほとんどが「人」です。「幸運」も「悪運」も両方ですけどね。

ですから、自分の未来は、自分の夢は外に出す。つまり、紙に書く。そして皆に語る。
そうやって夢を語る行動を起こし、多くの人と出会うなかから、夢の実現につながる
チャンスを掴み取るのです。


いわゆる「自己啓発本」を読まれた方はおわかりになると思いますが、
ほぼ全ての本に共通して書かれていることは、自分の将来の夢や目標を紙に
書きだすことなんですよね。これって要するに「自己成就的予言」の考え方が
ベースにあるわけです。

ちなみに、自分の夢を紙等に書きだすだけではなく、
他人に公開することはプラスアルファの効果があります。

それは、他人に話すことによって

「もし実現できなかったら、言った手前恥ずかしい」

と後に引けなくなるという点です。

これを「宣言効果」と呼びます。


さあ、あなたも自分の未来をみんなの前で予言しましょう!


(by まつおっち)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://w0.chieichiba.net/mt/mt-tb.cgi/697

コメントする