(by yuki)仕事

| コメント(0) | トラックバック(0)

(by yuki)仕事柄、車での移動が非常に多いのです。目的地まで1時間なんていうのは近いほうで、片道2,3時間、一日平均5,6時間は車に乗っている毎日です。もちろん外出先で一人の食事なんていうのも当然のことであって、それがファミレスやオシャレなカフェではなく、田舎のローカルな食堂でおかず一品と白飯を頼んで素早くかきこむか、またはコンビニで買った肉まんや弁当を移動の車中でほうばるということが日常。
広州市内ではコンビニがあっても、少し地方に行くと小さな商店しかない田舎では、更に地方から出稼ぎに来た男たちに混じって、2元(30円)の餃子や6元(90円)の牛肉面を、小汚い食堂でがっつくスーツ姿の私…。食堂で出される明らかに清潔ではない皿やレンゲをお茶で洗う姿も板についてきたし、極力日本人だとバレないように中国語の発音に細心の注意を払うことも当り前。

海外で働いているというと聞こえはいいけど、日本人の多くが「海外」で連想するのはやっぱり欧米のオシャレな感じだと思う。少なくとも私はカフェかなんかでサンドイッチやパスタを頼んでコーヒーを飲みながらメールをチェックする…なんてことを想像しがちなものです。そこへ来ると、私の現実って決してオシャレではないよなぁと改めて考えてしまうことも多いのです。

通勤手段は地下鉄だけど、東京みたいな満員電車で身動きがとれないわけではないし、電車の中で読む新聞は、駅で無料で配られる中国語の日刊紙。たまに寝坊した時はタクシーを使うけどせいぜい10元(150円)で、朝ごはんは途中の露店で買う怪しい餃子か、ゆで卵をお茶っ葉で煮たもの。タクシーで遠回りをされた時は思いっきり文句を言うし、列に並ばない中国人にイライラすることもなくなった。どっからどう見ても中国人の日常の風景です。

一年前は日本で働いていて、あの頃の私は今の生活を想像もしていなかった。普通のお店でお昼を食べて、仕事帰りに友達と会ってご飯をしたり、休みは買い物に行ったりひたすら家でリラックスしたり。やってることは今とそれほど変わらなかったと思うけど、今のほうが絶対的にオシャレ感がない!きっと、日本の同年代の女性から見たら想像できないような現実で、好き好んでこの生活を選ぶ日本人女性なんて少ないと思います。

好き好んでこの生活を選んだ日本人女性の私。何でそんなに中国での生活を選ぶのか…その決定的な理由が何かよく分かりません。刺激があるから、飽きないから中国にいて楽しいと思うのは今も学生時代も同じ。ですが、社会人として中国にいるようになった今、一社員の裁量の幅が広いから、というのもその理由かなと思うようになりました。日本人が少ないから当然といえば当然。仕事の質やレベルは日本のほうが高いと思う。でも、管理職でもない一社員の自分に任せてもらえる仕事が広いから、やりがいも感じるし純粋に仕事が面白いと思える。忙しい日が続いてなかなかその日のうちに自宅に帰れることはないけど、体の奥底から出るようなため息ではなく、心地よい疲れで眠れることもすごく幸せだと思う。

どっぷりと中国式の生活につかりながら、日本人OLの生活から徐々に遠ざかっていく現実が、冷静に考えたら不思議だなぁと思うこの頃です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://w0.chieichiba.net/mt/mt-tb.cgi/672

コメントする