(by ショウコ.i) オウチ探し(2)人生計画。

| コメント(0) | トラックバック(0)

(by ショウコ.i) 結婚して丸3年。
これまで夫婦2人で気ままに暮らしてきたが、家を建てる、子どものことも・・・となればそうはいかない。
自分たちがイメージする人生には一体どれくらいのお金がかかるのか、遅ればせながら、人生プランを書き出してみた。

住宅ローンのほうは、先日から夫が試算してくれている。
定年前に余裕を持って支払い終えられるように、と返済期間を短めに設定しての試算なので、月々の支払いは結構な額。ムリではないけども、余裕のなさがメンタル面に影響を及ぼさないか少し心配な感じ。

加えて、2年後くらいには子どもがいてもいいのではないかと考え始めた私たち。
平均的な子育て費用(学費、学校外活動費、こづかいなど)を調べてみたところ、小中高、とすべて公立としても600万円弱という。大学も加えた金額を均等にならしてみると、子どもが生まれた時点をスタートとして1人あたり月5万くらい貯蓄していく必要があるみたい。

・・・今のままではいけない。
子育て中の主婦が、時間ができ次第パートに出て月5万、10万の収入を得るという生活がものすごく現実的なイメージとなってわいてきた。

一番の課題は私の収入だろう。
家でできる仕事をしてる・・・とはいえ、今はまだまだ「主婦がたまに雑収入を得ている」状態に過ぎない。
ある程度時期を区切って、場合によっては今の道をすっぱり諦めて確実に収入を得られる方法をとるべきか?

「まだまだ」とはいえ、人とのつながりとか、自分の実感とか、小さいながらも蓄積と言っていい(と、自分では思える)ものができはじめている。
今はとにかく頑張る時期であることは間違いない。
その頑張りが実を結びはじめるのは、5年後なのか、10年後なのかわからないけど、何より、自分自身が辞めたくないと心から思っている。

だけど、子どもが生まれたら一体どうなるんだろう?
自分の性格を考えてみても、子どもと、制作への集中を両立できるのか、自信は、ない。
そして、一番頑張らなくてはいけない時期に頑張れなかったら、それはつまり・・・


そんなふうに考えても仕方ないと思いながら、これまで迷いながらフラフラしてきた自分が、改めて情けなくなる。
夫は、今は自分の道にとにかく集中しろ、と応援してくれているが、そんな夫に、自分と、子どもと、同居するかもしれない親の分まですべて負担してもらうというのか?こまれ30年も生きてきた自分の、大人としての力って一体何なのか?


思考を切り替える。

必要になってくるのは、子育て資金、月に5万、10万、+α。
営業原資を加えて考えてみても、決して非現実的な額ではないだろう。
今の自分は、2年前の自分と比べれば確実に進歩しているのだ。
少なくとも2年。
神様がくれた時間を歩むのは自分自身なのだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://w0.chieichiba.net/mt/mt-tb.cgi/659

コメントする