(by yuki)中国を選ぶ日本人

| コメント(2) | トラックバック(0)

(by yuki)フリーターという言葉が聞かれるようになってからずいぶんと経ちますが、中国でフリーターとして生活する日本人が多いことをご存じでしょうか?
中国でフリーターをするということは、十数元(200円)ほどの時給をもらって飲食店でアルバイトをして生計をたてる。どんなに頑張っても、月数万円の収入にしかならないわけで、生活は決して楽じゃないのです。日本の年金や保険とは無縁だし、何かあった時に頼れる家族は遠く離れた日本にいる。

日本の家族や友達と離れて海外で働くという点は私も同じですが、現地採用といえど正社員である私は、中国の日本人フリーターより生活は楽だろうし、明日の生活費や家賃の心配はしなくてすむ。だから、経済的にも精神的にも大変な思いをしてまで一人異国でフリーター生活を続ける彼らが、本当は何を考えているのかすごく興味があります。

日本人フリーターが中国で発生する原因のほとんどは就労ビザが取得できないことです。外国人が中国で働こうと思うと、基本的にはZビザと呼ばれる就労ビザが必要となります。その就労ビザも北京や上海では発給が難しい(日本人の場合、中国で従事する職種と関係のある日本での一年半以上の職歴が必要、と一般的には言われています)とか、大連では発給が容易とか、とにかくその基準がよく分からないのです。
でも、同じフリーターだったら日本でフリーターをしたほうがよっぽど安心じゃないかと私は思ってしまうんですよね。金銭的・精神的に困ったことがあっても、頼れる家族や友達がすぐ近くにいたほうがよっぽどいいんじゃないのかと。でも、どうしても中国に残ることを選ぶ日本人がたくさんいます。

細かい条件は別としても、現時点で中国にいたいという思いは私も一緒。でも、この気持ちが大多数の日本人に理解されないことは否定できません。
例えば仕事で中国にいる日本人の場合、ほとんどは駐在員。日本の会社から言われてやむを得ずこの国にいる人がほとんどで、彼らの半分はとりあえず日本に帰りたいと言う。で、残りの半分は中国にいたいと言う。ですが、中国にいたいという日本人駐在員の理由は、「通勤・帰宅は送迎車がある」とか「日本では絶対に住めないようなゴージャスな部屋に住める」とか「週末はゴルフ三昧」とか、物質的な要求が日本にいる時よりも満たされているから。

では、現地採用の日本人や中国の日本人フリーターはなぜ中国での生活を選ぶのか?
上述したような物質的な要求は、駐在員ほど満たされているとはいえない。私自身も、以前は日本で働いていたのに、わざわざ現地採用という立場で中国に来たことを、周りの日本人に理解されないことはすごく多い。それでも中国に留まる理由は、「日本でできることをしたくない」とか「生きていると実感したい」とか、他人にとっては曖昧な答えでしか表現できない。私は「そんな質問をするあなたこそ、なぜ日本にいるの?日本人は日本にいるのが普通なの?」と思っているくらいだから、やっぱり「変な日本人」の一人になってしまうのかもしれません。
自分自身も含めて「中国を選ぶ日本人」が本当は何を考えているのか、そのちゃんとした答えを知りたいものです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://w0.chieichiba.net/mt/mt-tb.cgi/664

コメント(2)

中国で働く日本人も多いんですね。

バンコクに住みつく日本人も多いみたいです、一説によると1万人以上とか。住みつくと言っても、この場合は企業に就職したり、日本企業の駐在員というような立場ではなく、安宿に寝起きしたり、部屋を借りてシェアし、日本とちょっとした取引をしたり、アルバイトをしてわずかな金を稼いで生活するという形で、そういうゆるい生き方が許されるがバンコク、そしてもしかしたら中国もそうなのかな??

そうですね。明らかに怪しい商売をしたり、ビザなしで中国に来て2週間に一回香港かマカオに出国して再入国という手段を使って中国に留まる人もいます。
中国に限らず日本以外で暮らしているといつも「外国人」でいられる。「外国人」でいるって、大変な部分はあるけど許される部分もありますよね。日本にいると「○○であるべき」とか「××したほうがいい」という枠組みが強くて少し窮屈に感じる人には、枠組みなんか関係ない「外国人」でいられる環境が合っているのかもしれません。

コメントする