(by ショウコ.i) オウチ探し(3) 古い家。

| コメント(0) | トラックバック(0)

(by ショウコ.i) 住宅展示場を見学に行ったということを書いたが、夫も私も、新築にこだわっているわけではない。中古でも、状態が良ければ積極的に考えたいと思っている。

特に、私は生活しながら「ここにこれがあったら」「ここをこうしてみたら」とライブに考えて手を加えることが好き。大工仕事・・とまでなると自信はないけども、つい先日も作りつけの収納棚を改造したばかりで、意外とその気になればできちゃうのかも、と少々調子に乗ってたり。

ゼロから理想の住まいを考え、ピカピカのお家で生活をスタートするのも良いけれど、誰かが考え、既に使いこんだものをベースに工夫していくのもきっとおもしろいと思うし、むしろそのほうが良いかも!と思ってる。
インテリアの“希望”テーマである「昭和」というのにもマッチする可能性が高いし、新築建てたのに、いざ生活してみたら不具合が・・というストレスとも無縁だしね。

費用的にも、築20年を越えた住宅は資産価値が算入されないケースが多いので、実質上土地分だけで住む。リフォーム代をプラスしても、新築と比べたら随分安く済むだろう。


ただ、中古住宅の場合、基礎などの重要な部分が傷んでいないか、この先どれくらい使うことができるのか、という専門的なチェックが不可欠。
また、ローンや税制上も不利になる可能性が高いらしい。まだ詳しくは調べていないのだが、場合によっては大きなネックとなる可能性が。
ちなみにこういったローンや税金制度は耐震性・耐火性に優れた住宅を優遇する目的で設定されているのだけど、一方で古いものを大事にしようという気持ちは応援してもらい辛いという現実でもあるんだよね・・・。そこを何とかフォローする仕組みがあっても良いと思うんだけど・・
あと、どうしても気密性、断熱性では最近の住宅に劣るので、光熱費がかかる可能性も考えなくてはいけない。

だけど・・・
今日現在の気持ちとしては、自分の感覚を最大限に活かしながら納得の空間を作れる(かもしれない)、「じっくり良い古家を探して、じっくり暮らす」に1票!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://w0.chieichiba.net/mt/mt-tb.cgi/662

コメントする