(by yuki) 中国人の同僚とどう付き合うか?

| コメント(2) | トラックバック(0)

(by yuki) 仕事に費やす時間は日本人と中国人で大きく違いがでます。中国人スタッフは日本人ほど残業をしません。でも彼らから見たら日本人が残業しすぎなのでしょう。私は毎日彼らと顔を合わせ、話をして、一緒に時間を過ごしています。彼らの多くは定時終了時刻になったら一人また一人と帰って行き、定時終了時刻の30分後にはオフィスはガランとした状態になるほど残って残業する人が少ないのです。ですが別に仕事に手を抜いているとは思いません。むしろ、上司に自分の意見を堂々とぶつける姿や、電話で相手と交渉している姿を見たら、業務時間は業務に集中してプライベートの時間と切り離しているだけなのだな、と思ってしまいます。中には遅くまで残業する人や、朝誰よりも早く出社して業務を開始している人もいます。それって中国に限らず、日本のどの企業にもある光景ではないでしょうか。

個人的には日本で働いている中国人や中国の日系企業で働く中国人は、色々な感覚が日本人に近いと思うのです。流暢な日本語を話す人が多く、少なくとも言葉の問題ははじめからクリアできます。彼らは日本人がビジネスの現場で使う言葉の習得にも熱心ですし、日本の最新のビジネス動向についても興味津々。これが中国における中国企業で働く中国人となると状況は違うと思いますが、日本人ビジネスパーソンが接する中国人というのは、何かしら日本に関係している人でしょう。

ここまで書きましたが、あくまで私と彼らの立場は同じ。日本からの駐在員や、または日本で彼らの上司にあたる人から読むと当てはまらないかもしれません。ただ、一つだけ自信を持って言えることがあるとすれば、「中国人の同僚(部下)とどう接するか」を考えるのが重要ではなく、「同僚(部下)がたまたま中国人だった」と考えるほうがずっと楽で自然だということです。言葉や文化や生活習慣が違うことは仕方ないけど、職場においては同じビジネスパーソン。日本と中国では社会の仕組みそのものが違うということもありますが、でも同じ日本人同士だとしても今まで取り組んできた仕事や考え方が違えば、仕事を進めるうえで手段や方法が違ったりするのは当然のことですよね。

「中国人の同僚とどう付き合うか」これは日本人と中国人が同僚同士だとしても、それが日本でのことか、あるいは中国でのことかによってきっと違うのだと思います。私自身は中国で中国人の同僚に囲まれて働いており、多少は気を使いながら付き合っている部分があります。しかし総じて言えばそれほど大きなギャップやストレスを感じることもなく、同じ職場の同僚同士としてうまく付き合っていけています。お互いに違いがあることを認識して歩み寄る姿勢さえ見せていれば、「日本人」や「中国人」という国籍はさほど問題ではなく、一緒に働く「同僚」と実感できると思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://w0.chieichiba.net/mt/mt-tb.cgi/622

コメント(2)

やっぱり中国の現地ワーカーも、あんまり残業はしないんですね。日本人って、どうしてこんなに残業するんでしょう? 集中してないのか、生産性が低いのか、残業代を払う側の企業のコスト管理が甘いのか。

本当に不思議です。

おっしゃるとおり、「いろいろなタイプの人がいる」のはその通りとしても、なんでこんなに残業するだろう、平気なんだろうと思いますね?。

謎が解くヒントがわかったら、おしえてください!

中国人がなぜそれほど残業をしないのか?周りの中国人を見ている限り、単純に「仕事以外にやることがあるから」ではないかと思います。

例えば独身者の場合、仕事帰りにテニスやゴルフの練習に行ったり、いわゆるお稽古に通ったりと仕事以外の部分にすごく重点を置いているように感じます。
また既婚者の場合、早く家に帰って家事や育児を分担しています。中国では夫婦共働きば基本なので、家庭での用事は夫婦で協力しなければ成り立たないのだと思います。

私自身が日本で働いていた時、「平日は残業で遅くなるから何もできない」と思っていましたが、実は「何もすることがないから残業する」だったのかもしれないなぁと最近思います。

コメントする