(by nana) 1人暮らしでフルタイムで働きながら自炊するコツ(その1)

| コメント(0) | トラックバック(0)

(by nana) こんにちは、nanaです。こちらの読者の方々はフルタイムで働いている方が多いと思います。私もフルタイム&残業も月40時間から多いときは60時間もする方ですが、ここ1年意識的に自炊にチャレンジしています。1人暮らしのため、数年前までは残業多い月は料理は全然できませんでした。でも、「なりたい自分」のひとつとして「きちんとバランスの取れた生活をする」というのがありました。そこで考えたのが、PacoさんやToshiさんから学んだ論理思考と、ビジネスで培った段取り力を使って、自炊ができないか?ということ。いろいろ工夫をした結果、今や、冷蔵庫がフル稼働状態で、月に数回はお弁当まで持っていっています。やはり、いい仕事も素敵なプライベートも食生活が基本。これから、何回かにわたってそのコツをご紹介します!

その前に、自炊のベネフィットから。

コンビニ弁当を減らし、有機野菜を多く取るようになって約1年。花粉症がとても軽くなりました。これまでは、薬を手放せず、アレルギーの検査をすると10段階の7でした。しかし、「たくさん飛んでいる」といわれた今年。ふと気づいたら、花粉症の人たちが「もう来たよね?」と言うなか「え?そうお?」という自分がいました。そしてピーク時にも数回薬を飲んだくらい。せっかく大容量の鼻炎薬を買ったのに、出番がほとんどなくシーズン終了しました。科学的に証明はできませんが、他に前と変わったところがないのです。嘘みたいな話ですが・・・。また、体調不良で会社を休む回数は激減しました。いずれにしても身体は確かに調子が良くなっています。

さて、残業の多いフルタイムでも自炊をするにはどうしたらいいか。

まずは、切り捨てるものを考えます。

論理思考では、要素の分解をしますね。そこで料理のステップを分解するとこんな感じになります。

?材料を買う
?下ごしらえをする
?調理をする
?食べる
?片づけをする

私の場合は、?の「材料を買う」に手を入れました。

材料を買う、を分解すると・・・

1)お店に行く
2)買う
3)持って帰る
4)冷蔵庫などに保管する

と分かれます。このなかで切り捨てるものを考える。

1)のお店に行く、と2)の買う のなかでポイントになるのが、「どこで」「いつ」買うか。
この判断基準になるのが、「行きやすいこと」「安いこと」。
私はまず、「安いこと」を切り捨てました。

結論は、「毎週届けてもらえる宅配の野菜セットを頼む」でした。

送料や単価を考えると、少々割高。でもお金で時間を買うということですね。具体的には、種類は選べませんが、季節の野菜がダンボール1箱届く割安なものを契約しています。その結果、定期的に野菜が届いてしまいます。(もちろん、量はある程度コントロールしますが)

これで「買う」という手間を省略し、ある種の強制力(捨てたらもったいない)が出来たことで、料理をするモチベーションが上がりました。副産物としては、どの野菜がくるか分からないため料理の幅が広がります。これまで自ら買わなかった野菜が届くことで、栄養のバランスも取れてきました。なにより、旬の野菜なのでとにかくおいしい!!デメリットとしては、たまに、同じ野菜が続いて、「あー毎週レタス攻めだぁ?・・・・」という時もありますが。(一時期3玉冷蔵庫に保管してありました(笑))

でもそこで、「そんなに届いた野菜、1人で全部食べきれるの?」という疑問がわくと思います。

そこも創意工夫で乗り越えました。次回はそのお話をしたいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://w0.chieichiba.net/mt/mt-tb.cgi/579

コメントする