(by まつおっち)くじは引かなきゃ当たらない

| コメント(0) | トラックバック(0)

(by まつおっち)

成功者の多くは、成功の秘訣を聞かれて、

「運がよかったから、ラッキーだったから」

と答えます。これは、半分は謙遜が入っているでしょう。
でも半分は本気でそう言っていると、私は思います。


改めて申し上げるまでもなく、
私たちの人生は、100%自分の思い通りになることはありませんよね。
経験的には、自分の願いどおりになることは全体の2割くらいに過ぎず、
残りの8割は、周囲の人の反応や、状況やタイミング次第です。

ですから、自分の思い通りになることもありますが、
どちらかといえば、自分の思い通りならないことのほうが多い。

この、自分だけでは決まらない部分を「運命」と呼ぶわけです。
そして、自分の都合のいい方向に「運命」が転んでくれた時、

「運がよかった、ラッキーだった」

ということになります。
成功者は、文字通り、運がよかったのは確かです。

しかし、だからといって、

「なるほど、結局のところ人生の8割は運次第だとしたら、
 あまり努力してもしかたないな、運がやってくるのをじっと待つとしよう」

という考えは持たないでくださいね。

成功者は、決して「運」がやってくるのを待っていたわけではないのです。
むしろ、「幸運」をがむしゃらにつかみにいっていたのです。もちろん、
簡単に「幸運」がつかめるはずもありません。たくさんの「ハズレ(不運)」に
がっかりしながらも、あきらめることなく「当たり(幸運)」が出るまで

「くじ」

を引き続けた人が成功者になった。

つまり、

「成功者とは、成功(当たり)を手にするまで、くじを引き続けた人」

であり、

「失敗者とは、成功(当たり)を手にする前に、くじを引くことを断念した人」

なのです。

実に単純なことですが、これは人生の黄金法則じゃないかと私は思っています。

では、「くじを引く」というのはどういうことでしょう?

社会の中では、「当たり」にしろ「ハズレ」にしろ、運のほとんどは「人」が持っています。
ですから、「くじを引く」というのは様々な人に出会い、自分の思いを語ることです。

そうして、その人が持っている「くじ」(=なんらかの情報や人脈のこと)を
引かせてもらうのです。「当たり」か「ハズレ」かは事前にわかりませんが、
いずれにせよ、「くじは引かなければ絶対に当たらない」のですから。

(by まつおっち)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://w0.chieichiba.net/mt/mt-tb.cgi/582

コメントする