(by paco)エレキギターを買う

| コメント(2) | トラックバック(0)

(by paco) 六兼屋に遊びに来たことがある人はご存知と思いますが、最近我が家はみんなで楽器&音楽に熱中モードで、いろんな楽器が増殖しています。

そのひとつ、ということで、エレキギターをゲット。

去年、アコースティックギターを買って、ぽろぽろ練習してきて、学生のころの水準ぐらいには戻ってきたので、今度はエレキに挑戦してみよう、と思い立ち、買ってしまいました。

エレキはやったことがないので、いまいち勘所がわからないので、習ってみようかなと、ヤマハ音楽スクールの体験レッスンにいったのですが、レッスン自体は悪くないのですが、やっぱり僕は教えてもらうより独学の方が合っているかな?と思い、教則DVDも買ってこれからやってみよう?というタイミングです。

とりあえず、音階の練習なんかをやってますが、なかなか音がよくてゴキゲン。エレキギターは、常にギターアンプを通して聞く楽器なので、ギターの音なのか、アンプの音なのか、どっちがいいのかわからないところはありますが、廉価版のわりには、僕の耳にはやさしく、奥行きのある音にきこえるので、満足しています。

買ったギターは、こんな感じ。楽器店をいくつか回ってみたのだけれど、あまりにもたくさんありすぎて目移りするわりにねらいが定まらないので、ネットで探しました。

エレキは、オーソドックスには2種類あり、ギブソン社のレスポールと、フェンダー社のストラトキャスターが二大シリーズになっています。もちろん、ほかにもいろいろな種類があるし、メーカーもたくさんあるのだけれど、まずこの2社の定番機種が軸になっている、というところから勉強。ウィキペディアも参考にしつつね。

このふたつの機種は、1970年代頃に登場して生きていることもあり、まだ知的所有権だとか、そういうのがゆるかった関係で、多メーカーも同じカテゴリーのモデルをたくさん出しています。また、アーティスト名が入ったスペシャルモデルや、さまざまなカラーバリエーションもあって、これがわかりにくさの理由。値段も、1万円台から数百万円まで、どう違うのかよくわからないという感じです。

クルマを除けば、もともと道具にお金をかける趣味はないので、廉価版から中級機種を中心に調べて、今回ゲットしたのは、エピフォン社のレスポールモデルです。レスポールは、もともとギブソン社がつくったカテゴリーですが、レス・ポールさんが開発してギブソンがつくったことから始まったためにこの名前がついているのだとか、聞きかじりです。ハードロック系によく使われる王道ギターなので、やっぱりこっちかな、ということで。もうひとつの、ストラトキャスターの方は、ギャイ?ン、という感じのキンキン系の音が得意なギターで、これはこれで風情なのですが、今回はレスポールのアツミのある音を味わおうと思います。

カラーは最近の僕のイメージカラーにしている赤を選びました。ネット買いなので、モニター上ではもうちょっと明るい赤、まっ白、という色使いに見えたのですが、届いてみたら、けっこうねっとりした赤と、ベージュっぽい白で、ちょっとヴィンテージな色使いになっていて、満足。

エピフォンはギブソンの子会社なので、レスポールのロゴが使えるらしく、ヘッド部にサインが入っているのがちょっとそそられます。にもかかわらず、お値段の方は2.3万円程度と、エレキギターの中ではもっとも低価格の部類。この下だと、アンプなどのセット付きで2万円台というのもあるのですが、まあそこまで安くなくてもいいかな?と、こちらを選びました。もっとも、この最廉価版も、現物を見ると、決して安っぽくないので、入門には十分だと思います。

これにアンプやギタースタンドのセットを別に買って、3万円台でワンセットゲットしました。さて、これから練習です。ちょっとは人に聞かせられるぐらいになればいいのですが、今のところ、弾いて、どんなことをしたいというイメージが今ひとつかたまっていないのが自分でも残念なところ。あえて、目的指向に走らないように、弾くこと、音を聞くことを楽しみにして行こうと思っています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://w0.chieichiba.net/mt/mt-tb.cgi/553

コメント(2)

pacoさん

ご無沙汰しています。
私も最近、昔とったなんとか、ってやつでdrumsを再開しました。さすがに体力の衰えは否めず情けない限りですが、時々仲間で集まっています。奥さんもまたbassを始めるみたいです。今度、jamしませんか?

ご無沙汰です。
ナナント、奥さまはベーシストなんですか?? それ走らなかった、もしかして昔はバンド仲間、なのか???

是非やりましょーといいつつ、僕が一番へたくそか?

Alfa156も楽しいので、ぜひ遊びに来てください。

コメントする