(by nana) 大人の歯の矯正

| コメント(0) | トラックバック(0)

(by nana) 半年前から歯の矯正を始めました。

34歳からの大人の矯正です。

ものすごく!決心が要りましたが、半年経ってみると、すでに「やってよかったなぁ」と思っています。

聞いてみると、意外と歯医者さんより矯正を勧められていても、やっていない人って多いようです。オフィスの女性でも2人もいました。が・・決心がつかず、やっていないとのこと。

経済的に可能であれば、ぜひ早いところ決心して始めることをお奨めしたいです。

矯正を始める前に思うさまざまなデメリット・・いざやってみたら、乗り越えられないものでもありませんでした。案ずるより産むが易し・・という言葉が一番ぴったり来ますね。

最近などは、芸能人で少しでも歯並びが悪い人がいると、「矯正すればいいのになー」なんて思ってしまうくらい。もっと気軽にやる人が増えればいいのにな、と思います。見た目だけでなく、お口の健康のためにも。私の場合は、見た目はそれほどでもないのですが、噛み合わせが悪くて歯の健康にはとてもよくないので、一大決心をしました。具体的には、上下の顎の形が異なるため、特定の歯に通常の数倍の力がかかっており、歯茎にダメージを与えていることが一番の理由。この年になるまで、自分の顎のかみ合わせが悪いとは知らなかったので、矯正を勧められた時には本当に驚きました。「これまでの歯医者さんはなんだったんだ?」と正直憤りを感じました。少なくとも5年前に始めていれば、歯にダメージを与えなくても良かったのに・・と。それとは知らずに、何本か永久歯をダメにしてしまったので、取り返しのつかないことをしてしまいました。

とはいえ、実際に始めるには、大きな決心が要りました。例えば、私が一番気にしていたのは、やっぱり見た目。(馬鹿みたいですが)見た目に影響があるため、恋愛にも影響あるのでは!ということ。。あと、「矯正してたらキスできないのでは?」とも思っていました(笑)。相手に痛い思いをさせるかなーと思っていましたが、ネットで情報収集しても、この疑問に答えているものはありませんでした。くだらないんですけど、意外とこんなことが気になるものなんですよね・・・

他にも、痛いのでは?という疑問もあると思います。こちらは、「確かに痛い」としか答えようがありません。ただし、すごく痛いのは始めてからの1ヶ月くらい。この間は、私はお粥や柔らかいものしか食べられませんでした。特に、生野菜が本当に痛い!サラダは敵でしたね。このまま矯正していたら、激やせするのでは?と思っていましたが、全然そんなこともなく。1ヵ月後は全く元に戻りました。おせんべいやナッツなどの固いものも今や平気です。(本当は硬いものは装置が外れたりするのでNGですが、たまには食べてしまいます・・)

歯磨きも確かに大変。通常の3倍くらいかかります。食事の後はとにかく食べ物が詰まるので、大変は大変ですけど、こちらも日々のことなのでいずれ慣れてしまいます。むしろ、毎月歯医者で調整時にクリーニングするので、歯茎などのメンテはしっかりできるかもしれません。

一方、メリットはというと、「歯が動くのが見た目で分かること」ですね。私の場合は1ヶ月目から、動きが分かりました。他人には分からないレベルですが、歯のがたつきがキレイにそろってきます。ここまで動いているのが分かると、「人間の身体って変わるんだなー」としみじみ。歯の並びなんて一生変わらないものなので、軽くカルチャーショックでした。。

矯正は大金をかけての大仕事です。ただ、お金がかかるゆえに、自分の身体を根本的なところからメンテしている満足感が得られています。自分の身体とは一生つきあっていかなければならないので、しっかりメンテナンスしたいですね。今回は、「何でこんなに歯にダメージがあるんだろう?」と自分から疑問に思ってネットで調べてみた所から始まりました。自分で調べなかったらどうなっていただろう・・と思うとゾッとします。自分の身体に必要な情報はあるのに、そこに到達できない(提供されない)というのは
恐ろしいな・・と思いました。医者に頼りすぎずに自分の責任で、しっかり調べて動かないとダメだな、と痛感しました。情報の取得如何が、ある意味、人生を決める、、くらいの大きな事だと思います。

本当は、患者の立場にたってお医者さんの方から常に情報を提供してくれれば一番いいのでしょうが。自分から興味を持って自発的に動いていくのは、人生をよりよく生きていくために必要なスキルだな、と痛感しました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://w0.chieichiba.net/mt/mt-tb.cgi/546

コメントする