(by take)パコさんの記事を読んで

| コメント(0) | トラックバック(0)

(by take)パコさんが人身売買の記事を書かれていました。そう言う事実がフィリピンにも身近にあり、色々と感じる事がありましたので今回は、フィリピン人女性と結婚した日本人の視点から書いてみようと思います。

まず、フィリピンの社会的な構造ですが、はっきりした「格差社会」です。裕福な層は僅かですが、多くの富が集まる環境であり、一部の人は社会的な地位を利用して「賄賂」などを受け取る事が日常的に行われています。前大統領の不正を追及し退陣に追い込んだ現大統領も、今夫がブロードバンド化の事業にまつわり2億ドルという不正なお金を企業から受諾した疑惑で追及されている国なのです。

反対に貧困層は、日常生活に困り、小学生ですら学校を諦めて働きに出されたり、物乞いになったりする家庭も別に珍しくありません。

親が無収入で生活が荒れれば、子供も家庭に嫌気がさして、どんな手を使っても「貧困」から抜け出したいと感じる様になります。

だからパコさんの記事にあった様に「売春」に流れる少女も多いのですが、それ以外にも裕福な外国人の老人と結婚して、嫌なフィリピンの家庭から逃げ出し、海外で安定した生活を夢見る人も多くいます。なぜ老人?それは自分がアクティブに動いても体力的にも一緒についてこられないので、束縛されにくいし、セックスもしつこくない。早く亡くなれば、早く財産分与にありつけるからです。
自分の置かれた社会環境により、貧困から抜け出せないから、自分で努力して貧困から抜け出すという考えより、安易に他人の力で抜け出したいと思うのでしょうか。

実際に、インターネットのチャットで知り合い、日本人と結婚した女性を何人か知っています。もちろん彼女たちは、夫を愛しています。でも理由は自分を愛してくれて、貧困生活から抜け出すチャンスをくれたことが起点になっています。だから愛を育む時間が短くても「結婚」に踏み切れます。実際に男性がフィリピンまで会いに来てくれて、2?3回目当たりから結婚へ向けてプロセスを踏むカップルがほとんどでした。チャットで知り合って3ヶ月?半年以内です。傾向として結婚までの時間が短いカップルほど、離婚したり結婚後もめたりするカップルが多いと感じます。男性もフィリピン人女性の外見の美しさに惑わされて、文化や習慣などバックボーンを交際している間にちゃんと理解せず、相手が日本人女性なら、もっと細かくコミットメントするような事も、言葉が通じないこと(英語が分からない)を理由にして、相手を理解するアクションでなく、日本語を覚えさせて自分のスタンスを理解させようとする男性が多いと思うのです。まるで自分の優位を保つ為に、女性に譲歩を迫る感じです。

又、売春の方にフォーカスしてみれば、同じようにミンダナオなど基幹産業のない田舎から出てくる少女が多いと思います。年令も14才ぐらいからある様ですが、フィリピンの法律で17才以下の少女とのセックスは合意であっても法律に触れるので、みんな「18才」と言うのです。

買春側で大きなマーケットの一つは日本人です。僕が一番嫌なのは、時折日本人でフィリピン人女性はみんなホステスだと勘違いしているような男性も多いことです。実際に空港でOJTとして観光省の案内ブースで働いていた学生に気軽に話しかけ、ホスピタリティある彼女達が笑顔で片言の話しをした後、近くに居た僕に「彼女達は“お持ち帰り”出来るの?」と聞いてくる日本人男性もいました。こういった人は圧倒的に50 代以上の男性に多く見られます。又、そう言った男性の中には「置屋のお姉ちゃんも生活が大変だから、俺たちがお金を落としてやって、生活が支えているのだよ。これも人助けだなぁ。」なんて事を言う人もいて、同じ日本人として、穴があったら入りたい気分にさせられます。

正直な気持ちとして、僕は彼女とセブで暮らしたいのは、日本に行けば必ずこんな勘違いした人から嫌な思いをさせられてしまうかもしれないと危惧することも理由の一つです。

パコさんと同じように、今あるこんな状況で自分が出来ることは、フィリピン人である奥さんを大切にして、本当に結婚して良かったと相互に思える家庭を築くことです。この場を通じて、フィリピン人の持つ気持ちの「暖かさ」を伝えて、少しでも理解してくれる人が増えたらと思います。仕事を通じて出来ることもありそうです。出来るだけ日本とフィリピンとの架け橋の様な役目を果たせれば嬉と思う今日この頃です。(by take)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://w0.chieichiba.net/mt/mt-tb.cgi/528

コメントする