(by まつおっち)情熱と技術の両輪を回せ!

| コメント(0) | トラックバック(0)

(by まつおっち)

日本では、これまで「精神論」がずいぶん幅を利かせてきましたよね。

「心頭滅却すれば火もまた涼し」

なんて言葉を運動部の鬼コーチなどから繰り返し聞かされた人も多いでしょう。


「人間気合だ、情熱を傾けよ。つべこべいわずに努力しろ!」

という精神論を私は否定するつもりはありません。
というのも、この社会の中で、拙いながらも様々な経験を積めば積むほどに私が痛感したのは、
キャリアを磨き、自分を成長させるために最も大切なのは、「気合」「情熱」「努力」と
いったクサい言葉だということです。

なぜなら、「キャリア」にも、また「人生」そのものにも近道はなく、
日々の泥臭い積み重ねの結果が長い時間をかけて実を結ぶ。
したがって、地道な行動を持続する精神的な強さが必要だからです。


たまに、幸運にも、まさに運が良かったおかげで、
たいした努力もせずに短期的な成功をつかむ人もいますね。

しかし、彼らは没落するのも速い!

成功するまでの期間が短ければ、没落するまでの期間も短い。
逆に、成功するまでの期間が長ければ、成功も長く持続する。
これが、成功の基本法則です。

ただ、やはり「技術」(テクニック)も同じように重要です。

仕事をする技術、学習する技術、コミュニケーション技術など、
せっかくの努力も気合も情熱も、こうした技術が欠けていたら空回りします。
無駄が多くなります。ですから、あなたが、今目指しているキャリアに対して
あふれる情熱を持っているのなら、決して「技術」を軽視せず、貪欲に、
様々な技術を身につけることをお勧めします。


以前、「カリスマ体育教師」として有名な原田隆史先生のセミナーで
聞いた話をご紹介しましょう。

原田先生は、現在独立され、社会人や教師の指導に当たられていますが、
それまでは、中学校の体育教師として、荒れる学校を建て直して
「生徒指導の神様」と呼ばれ、また陸上部の生徒を鍛えて、数多くの陸上
日本一選手を育て上げた人です。


原田先生も若い頃は、「精神論」重視の強烈なスパルタ教育を実践していました。
生徒からは、「ヒットラー」と影で呼ばれたほど。

ところが、ある時、このスパルタ教育の問題点に気づきました。
厳しい自分が目を光らせている時には、素直に言うことを聞く生徒も、
原田先生が出張でいなかったりすると、とたんに手を抜き、さぼりまくるのです。

「鬼のいぬまのなんとやら・・・」です。

つまり、原田先生は「精神論で強制的に生徒を動かすことには限界がある」
ということに気づいたわけです。


そこで、原田先生は、精神論偏重を止め、
生徒が立てた目標達成のために、自発的に行動を継続できるようになるための
様々な「技術」を編み出していきました。

その結果が、陸上日本一を生み出す成果につながったのです。


原田先生は、次のようにはっきりと言われました。

「何かを達成するためには、情熱だけではだめ、技術も必要です。」

あなたのキャリアを磨くためにも同様に、「情熱」と「技術」の両輪を回しましょう。

(by まつおっち)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://w0.chieichiba.net/mt/mt-tb.cgi/513

コメントする