(by paco)Alfa147、退役

| コメント(0) | トラックバック(0)

(by paco)まっかなAlfa147号が退役することになりました。次のリゾートエクスプレスも、もちろん決まっていて、1週間ほどでやってくるのですが、来てからのお楽しみ。147のエロカワおねえさんです。

僕にとっては初めてのイタリア車、そしてアルファロメオだったのですが、本当に楽しいクルマでした。これまでの経緯については知恵市場でもたくさん書いてきたので、こちらを参照してください。

僕にとってクルマを選ぶというのは、この先数年の人生を選ぶことにけっこう近くて、その選択と、これまでずっと妻のbibiちゃんとふたりでやってきました。彼女は基本的に運転しないのですが、僕の隣にずっと乗ってくれてきたナビゲーターとして、そしてそれ以上に、クルマという機械について、とてもよく知っている知恵袋として、セレクションをサポートしてくれています。僕は彼女の選択眼を信頼しているし、彼女も僕の選択を尊重してくれている。僕がピックアップした候補を一緒に考え、一緒に試乗に行って、選んできました。

そういう意味で、僕らが選んできたクルマの中でも特にメルクマール(記念碑)になっているのが、シトロエン2CV(ドゥーシボー)と、今回のAlfa147でしょう。どちらも、人生の楽しさを教えてくれました。

今はクルマは道具としての価値しか見いだしていない人がほとんどなので、クルマで人生の豊かさや楽しさが変わるといっても、ピンと来ない人が増えてきました。それはそれでわかるのですが、僕にとっては、クルマは人生の厚みを増すための大切なパートナーです。

Alfa147には、本当にいろいろな面で楽しませてもらいました。まず、デザインのよさ。クルマに乗るときも、乗らずに歩いて出かけるときも、パーキングにおいてある姿を見るたびに、きれいだな?、美しいな?、かっこいいな?と、素直な感動があり、仕事に出かける前に見かけるだけで、気持ちが2割ぐらい高揚します。

クルマに乗って出かけるときには、クルマにあったファッションかどうかをちょっと自分なりにチェックして、色や雰囲気を合わせたくなります。ちょっと気を使いたくなるというのは、人を一定のテンションの高い状態においてくれるので、だらっとした気分が切り替わって気持ちがいいのです。とはいえ、エキセントリックなデザインと雰囲気のわりには、許容範囲が広く、チノパンに白いシャツというようなラフな普段着でもそれなりに受け入れてくれるので、日欧の足としても気持ちよく使えるところがよいところ。イタリアはフランスのクルマは、どんなに前衛的な格好をしていても不思議に古い街並みにマッチするのですが、中に乗る人の服装も、ドレスアップしていても、ラフでもそれなりに調和してくれる懐の深さがうれしかったりします。

走り出しての刺激は、けっこう緩急自在で、早めにシフトアップして流れに乗っていくのも気持ちがいいし、ちょっとだけ流れをリードすべく加速感を味わうのも、エンドルフィン濃度が上がって、「いいなあ?」と口をついて出るほど。もちろん、たいした加速をするわけではありません。街中では危険もますし、環境にもよくないので。その、ほんのちょっとした加速の違いで気持ちよさが味わえる、その積み重ねが、クルマに乗って移動するという時間を豊かにしてくれるわけです。

ハンドリングも同様で、街中ではところどころにあるちょっとしたコーナーをすっと抜けていくだけで気持ちがいい。たとえば、目黒通りを権之助坂を上がり、高速2号線の下を左折して、高速の下を回っていくゆるい右コーナー。あるいは、中原街道下り、旗ノ台の昭和医大前の緩い坂を上がっていく右コーナー。そんな、街の中にあるちょっとしたコーナーが、スポーティなマインドをくすぐってくれる。ちょうど、テニスでショットのラインが決まったときのような気持ちよさです。前を走っている軽自動車では絶対に味わえないだろうなというところに、Alfaを乗る価値を見いだせる瞬間です。

もちろん、たまには六兼屋からの買い物の途中で、ちょっと人には言えないスピードでスポーツカーらしく走らせたりもするのですが、何度も同じコーナーを走っていても、毎回感動するぐらい、よく走り、よく曲がります。軽快で、こちらが「だいじょうぶかな?」と思っても、「まだまだ!」とにっこり笑いながら答えてくれる懐の深さがあり、でも、それもただハンドルを切れば曲がるというような機械任せな感触ではない。シートのヒップポイントから、ステアリングを握る手のひらから、タイヤの位置とタイヤが道をつかんでいるグリップ感がものすごくよく伝わってきて、結局、公道上で可能な速さと僕の腕では、この車の限界をきちんとつかむことはできませんでした。ただ、僕が気持ちよくスポーティドライブを楽しむには、ちょうどいいクルマだったことは確かです。

そんな147の最大の魅力といっていいのが、ツインスパークと呼ばれる4気筒エンジンでしょう。FIATの大衆車用エンジンをベースに、アルファが独自のヘッドを乗せて4バルブ化した2Lエンジンは、150馬力と、今の水準では控えめ。静かでもないし、特に高回転型でもない、単なるスポーティエンジンではありますが、これがまた、実に気持ちがいい。ピックアップが鋭く、ちょっとした右足の加減にピッと反応するレスポンスのよさは、他のどんなエンジンにもない特性です。ピッと来たあとの加速そのものは、絶対的なパワーがたいしたことがないので、それほどではないのですが、4つのピストンが精度高くぴたりと揃って上下し、なめらかなのにわくわく感のある加速感を与えてくれて、このエンジンの仕事ぶりを感じている瞬間も、147オーナーの特権です。

ハンドリングのよさはAlfa共通の美点ですが、このツインスパークエンジンの加速感は、147だからこそ得られるもので、これまで走った4.5万キロの間、ずっと楽しませてもらいました。

と、ドライバーが楽しいクルマなのは間違いないのですが、その一方で、ドアが4枚でちゃんと5人乗れて、六兼屋に持っていくたくさんの荷物を意外にたっぷり詰め込むことができ、少なくとも新車からこれまでほとんど故障知らずでここまで来たというのは、実用性の面でも十分高いわけで、これが300万円に届かないプライス(今はもうちょっと高めになっていますが)というのは、僕としては十分満足しています。

さて、そんな147との時間もそろそろおしまいにして、もう少し別の楽しみを味わってみることにしました。もしかしたら、また147に戻ってくるかもしれないなあと思いつつ、しばらく次の「おねえさん」との時間をたのしみたいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://w0.chieichiba.net/mt/mt-tb.cgi/499

コメントする