(by 塩手勝久)サミット開催予定の洞爺湖へ

| コメント(0) | トラックバック(0)


 久しぶりの環境の話題です。9/20,21に「ホテル・旅館の環境セミナー」が洞爺湖にて開催され、講師の1名として参加してきました。北海道へ出張は多くても目的地以外にいけていないので、うれしい機会でした(笑)

 洞爺湖・湖畔の天気は微妙で、2日間滞在中たまたま晴れ間が現れ、きれいない時間帯に写真をとることができました。癒される瞬間でした(^^)  

■環境のサミット?

 今回のセミナーは、会場周辺の洞爺湖のホテル・旅館には、首脳会議の同行者が多数宿泊される見込みで、「環境のサミット」を表現したいという外務省・環境省、事務局のGPNが主催してのものでした。目的は「地域の旅館・ホテルの環境対応推進」です。これまでにこのような動き自体がなかったので、着実に時代の変化の兆しを感じます。現状でこのような動きのスピードは決して早くはないですが、新しい動きという点を評価したいです。

■参加者の様子は?
 
 参加者名簿みると、地元ホテル・旅館の経営者などが多く参加しており、意外に関心が高いのかな・・と思って様子を見ておりました。しかし、いざ始まってみると、寝ている人や少しづつ退席者が増えていき・・・最後には参加者の1/4ほどが退席されてしまってました。残っていたのは、地元行政関係者が多いという状況に思われました。

 ただ、こういった反応はある程度予想していました(^^; その理由ですが、


■環境に取組める条件は?


 例えば、当社では「リゾート運営の達人」というビジョンを3つの数値目標で設定していますが、それぞれ「経常利益」・「顧客満足度」・「環境ポイント」の3要素になっています。
 私は、これらを「持続可能性を示す3つの指標」として捉えています。


 -------------------------------------------------------------------
 (1)短期指標:「経常利益」---利益がでなければそもそも事業継続できない
 (2)中期指標:「顧客満足」---これが低ければ、再利用されず経営は悪化
 (3)長期指標:「環境指標」---企業の社会的責任として果たすべき指標
 -------------------------------------------------------------------
 (1),(2),(3)の時間軸は、それぞれ「利益:月単位」、「顧客満足:年単位」、「環境:10年単位」という軸でみるべきだと考えており、企業の持続可能性から優先度は以下の公式で表せます。

 ●「利益」≧「顧客満足」>「環境」
 
 これは、環境に取り組めるには「利益」が十分にあがっており、「顧客満足」もしっかり確保され、中期的に経営の安定さが確保できてはじめて前提条件が整うことを示してます。自社でも再生途上の施設を多く抱えているので、これは実感としても明らかです。

 経営の先行きが見えないホテル・旅館が、環境をやる余力はないと分かっているから、ある程度の反応を予測していた訳です・・・ 


■費用削減と両立できる策はある

 じゃあ、再生途上だから環境は一切できないのか?というとそうではありません。費用削減と両立できる対策は、十分に可能です。それは上記公式の「利益」を生むための活動だからです。

 石油資源がこれだけ高騰し、2000年と重油価格を比較すると2倍以上になっており、資源効率性を高めることは利益を生む活動になっているのです。当社が運営する北海道・トマムでは、重油の使用量は2000年と比較して使用量を半分以下にしており、重油単価が2倍になっても増加額を吸収できる努力を継続して達成してきています。
(もとの施設に無駄が多かったという原因もありますが、スタッフ努力の成果でもあります)

 ただこれが小規模旅館でも可能かというと、専門担当者をおくことがまずは非現実的であり、専門担当者を派遣するには交通費・人件費をかけるほどの成果を期待できる額にならないことも多いのが現状なのです・・・  これについては、他の業務と合わせて実施するなどの相乗効果を図れるかどうかを今後は検討していきたいと考えています。

 いずれにしても、公的な会議の環境対応が求められる時代に入ってきたということを肌で実感する貴重な機会になりました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  塩手勝久 (株)星野リゾート
 グループHACCP・ユニットディレクター 
  (SUCAI EMS担当兼任)
   zero@hoshinoresort.com
  http://www.hoshinoresort.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
HACCP=Hazard Analysis and Critical Control Point
SUCAI=Specialist Unit to Consult,Advise,Implement
EMS =Environmental Management System 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://w0.chieichiba.net/mt/mt-tb.cgi/471

コメントする