(by Toshi) 巨人にスターを集めてはおもしろくない

| コメント(0) | トラックバック(0)

(by Toshi)前回に続いて野球で興味深いねたがあったので、その話を。野球に興味のない人にはちょっとわかりにくいかもしれませんが、けっこう普段の生活にも同様のことが言えるように思います。

日本ハムの小笠原選手がFA制度で巨人に行くことになりました。非常に残念です。これは僕が巨人を嫌いということではなく、実は僕は巨人ファンです。でも、日本のプロ野球の発展を考えると、マイナスだと思いますし、巨人にとっても少し長期に見るとプラスではないと思います。

小笠原選手と言えば日本ハムの看板。今期はホームランと打点の二冠王という成績やWBCも含めた活躍はもちろん、サムライ的な雰囲気でも特徴のある選手。日本ハム優勝の一つの原動力だったと言ってよいでしょう。FAで抜けていますから、トレードのように代わりの選手も入ってきません。勝つためというのはもちろん、ファンが愛着と期待を持てる選手が抜けたという点でも大きい。

しかもこれは日本ハムだけの痛手ではないと思います。パ・リーグにとっても、レベルの低下、おもしろさの低下を招くおそれがある。今年最下位だった楽天の野村監督が、西武は松坂が抜け、日本ハムは小笠原が抜けたから、来年はチャンス、と言っていましたが、強いチームがなくなって勝つのではなんともつまらないことになりそうです。

では巨人やセ・リーグの魅力は増すのかというと、あまりそうは思えない。そこには主に三つ理由がありそうです。一つには、大砲ぞろいの巨人では、小笠原もone of themにしか見えないだろうということ。すばらしいものも集まると当たり前になってありがたみが減ってくるという人間心理ですね。まだ相手チームにいてくれた方が勝負を見ている楽しみがある。

もう一つには、「育む」ということが行われていないということ。巨人のレギュラーを見ると、野手、特に主力は外から来た選手ばかりです。巨人ファンから見ると、巨人と共に育ってきた選手が少ないというのは、金で勝利を買っているようで、優勝したとしても、うれしさも半分くらい。そこで人が育たない分、愛着も育ちにくいと。

そして最後には、それでも勝てないだろうなあという感じがすること。巨人はここのところずっと、そういう「大砲を買ってくる」ことをやっていますが、なかなか優勝できないどころか下位にいることが多い。つまり、必要なのは大砲を買ってくることではないのに、また球界の資源を無駄にすることになりそう。

しかし、考えてみると、プロ野球で起きていることは、社会にもあてはまるように思います。たとえばあちこちにいた優秀な人たちが東京に集まってしまう。集まってしまうと、同じように優秀な人たちの中で埋もれる。実力発揮の機会という意味でも、まわりからの期待という意味でも。地方は、人がいなくなって、元気も、地域を引っ張る力も落ち込んでしまう。東京も、優秀な人が集まっている割にはすごくいいところになっているわけではない。

では、本当はどういう形でありたいか。ここはプロ野球で考えてみると...

まず、それぞれのチームがそれぞれの特長を持ってしのぎを削っているとファンとしてはおもしろいだろうなあと思います。各チーム、特徴に合った選手を新人として獲得し、育てている。育った選手たちはチームと地域に愛着を持ってやっている。他に行った方が活躍できる選手はそのチャンスがあるが、そのチームをいっしょに作っていく決意を持って入っていく。監督等はチーム出身でない人がやることもあるけれども、チームの特長を生かすことを意識しながら取り組んでいる。

巨人にも、数年優勝できなくたって構わないから、若手を育てること、チームを育てていくことをやって欲しいと思います。勝つことも重要だけど、がんばっていること、進歩していることが見える方が僕の場合はファンとしては楽しい。たとえ優勝しなくても、それが見えれば十分楽しめると思いますが、どうでしょう?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://w0.chieichiba.net/mt/mt-tb.cgi/376

コメントする