(by paco)ダイアローグインザダークに行ってきました

| コメント(0) | トラックバック(0)

(by paco)ダイアローグインザダークを知ってますか? と、一昨日のクリシンのクラスで聞いたら、行ったことがあるという人がふたりいたのでちょっとびっくり。けっこうメジャーになってきたのですね。僕がこのイベントを知ったのは、たぶん4?5年前だと思うのですが、ずっと行きたいと思いつつ、タイミングが合わなかったり、こちらが忘れていたりして、いけずにいました。

今回はギリークラブからのお誘いで、このイベントにやっと参加することができたのですが、ほんと、これはおもしろかったです。

どんなイベントなの?というと、名前の通り、暗闇で対話する、と言うものですが、本当の暗闇です。目の前にある指一本見えず、視覚以外の4つの感覚が頼りです。視覚からの情報が、人間の場合80%を超えるという情報源なのですが、これが使えないということは、感覚が5分の1以下になるということ。でもその残った感覚で、歩いたり聞いたり触ったり話したりしていると、ふだん使っていない感覚が研ぎ澄まされてくるのですね。この暗黒の正解を案内してくれるのは、「アテンド」と呼ばれる盲人の方で、こういう場所は彼らの世界なのです。

IMGP2780.JPGIMGP2778.JPGもともと、ダイアローグインザダークはドイツで始まった、相互理解のイベントだったようですが、日本では独自の発展を遂げつつあり、対話以上に、実際に感覚を研ぎ澄ます仕掛けを用意して、非日常の体験をすることが大きな魅力になってきました。以前はNPO法人がコツコツと手作りのイベントとして年数日ほど、行ってきたようですが、3年前からTBSラジオが協力して、規模も回数も増やし、イベント性を高めてたくさんの人が体験できるようになりました。

といっても、1セッション、1時間半ほどを、ひとりのアテンドが案内できるのが8人。大規模になったとはいえ、以前、手作りの小さなイベントです。今年は、9月12日まで。まだ8月22日以後なら予約が取れるようです。

僕としては、ひとりでも多くの人たちに体験してもらいたいイベントだと思っているので、知恵市場の皆さん、みんな行ってみてね!

そうそう、会場は地下鉄銀座線、外苑前駅から徒歩3分ほどの、とっても新しい斬新なお寺のホールで行われています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://w0.chieichiba.net/mt/mt-tb.cgi/322

コメントする