(by 塩手勝久)いい商品さえできればいい?!

| コメント(0) | トラックバック(0)

DSC09876.JPG 7/29に仕事の打合せの後、マーケティングセミナーに参加してきました。尊敬するシストラットの森さんが主催するということで、忘却曲線に乗ってしまった理論を復習する目的・森さんのパワフルなエネルギーをもらう目的などがありました(^^;

 しかし一番の目的は、地域活動における参加学生の獲得を毎年安定化させたいということがありました。といっても、一定レベル以上の学生が最大5人集まれば十分という条件です。これをセミナーの質疑応答の時間にぶつけると、「それはマーケティングなんかいらないよ」という返事が・・・えぇぇとショックを受けながら、「どうしてですか?」と尋ねると、「そんな少数なら認知さえされればいいんだよ」と・・

 森さんが言うには、「いい商品なら、いい場所に売り場さえ確保されるだけでマーケティングなどいらない」ということでした。私のやっていることもその範疇ということですね(^^; 確かに納得・・ちょっとすっきりしました。といっても「いい商品」のところまではきちんと考える必要があるということでもあります。いずれにしても、私の関わる領域は対象者がかなり限定されることが多いので、ありがたいアドバイスでした。いわゆるニッチマーケティングなんでしょうか・・? 定義はともかく、やるべきことは明確になったのでヨシです。
 (想像するに森さんの所のビジネス構造も同じじゃないかと・・)

 とりあえず、自分の頭で考えてみる・・(^^;


■対象者はイノベーターとアーリーアダプター

 「イノベーター理論」を参照すると、欲しい学生の層は以下の2つになる。

 ▼イノベーター(Innovators:革新者):
 --------------------------------------------------------------------------
 冒険心にあふれ、新しいものを進んで採用する人。市場全体の2.5%。
 --------------------------------------------------------------------------

 ▼アーリーアダプター(Early Adopters:初期採用者):
 --------------------------------------------------------------------------
 流行に敏感で、情報収集を自ら行い、判断する人。他の消費層への影響力が大きく、
 オピニオンリーダーとも呼ばれる。市場全体の13.5%。
 --------------------------------------------------------------------------
  
 森さんの「シンプルマーケティング」では、イノベーターには「規格訴求」、アーリーアダプターには「ベネフィット訴求」となっているので、その観点で整理したいと思います。

 次に、「いい商品」ということで、考えるべきは「DCCM理論」でよいというアドバイスを頂いたので、それと組み合わせて整理していきます。

 ▼DCCM理論
 --------------------------------------------------------------------------
 差別性(Differentiating) その商品が持っている他商品との違い。

 優位性(Competitive) (他商品と違う、同じにかかわらず)、「他商品より
             良い」、あるいは「他商品より有用な」ところ。

 説得性(Convincing) (差別性、優位性をサポートする)客観的で説得力の
             ある事実やイメージ。

 市場性(Marketability)(上記3点を備えて市場に投入したときの)生活者の
             受入れ状況。
 --------------------------------------------------------------------------

 この先を整理するには、もう少し頭の回る時間でないと難しいので本日は一旦ここまでにしておきます・・

 
------------------------------+
  塩手勝久  (株)星野リゾート
  環境マネジメント/HACCP担当
   zero@hoshinoresort.com
 「星野リゾートの環境への取組み
+-----------------------------

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://w0.chieichiba.net/mt/mt-tb.cgi/320

コメントする