(by 塩手勝久)変革対象の多さにどう対応すべきか?

| コメント(0) | トラックバック(0)

白銀屋.JPGDSC09135.JPG 今日は石川県の加賀山代温泉・白銀屋まで日帰りしてきました。移動時間11時間・滞在6時間という行程・・(^^;

 今現在、食品安全マネジメント構築のためにグループ全施設の厨房を1つ1つ回っています。全部で43箇所(10地域)にもなります。

 これだけ多くなると、変革が進むところ遅れているところと結構温度差が生じてきます。そんな状況でも、全体を推進せねばなりません・・・ そこで、今考えている部分を整理したいと思います。まずは変革のステップの確認から

■コッターの変革の8段階ステップ

 -----------------------------------------
 第1段階:「危機意識を高める」
 第2段階:「変革推進チームをつくる」
 第3段階:「ビジョンと戦略を掲げる」
 第4段階:「ビジョンと戦略を周知徹底する」
 第5段階:「行動の傷害を取り除く」
 第6段階:「短期的な成果を生みだす」
 第7段階:「さらなる変革を推進する」
 第8段階:「新しい文化を定着させる」 
 -----------------------------------------

 現状では、様々な地域に分散しているものを対象としているので、スタート時期等にズレも生じています。第1段階のところもあれば、第6段階のところもあるという状況になっています。

 「食品安全マネジメント」の仕組み作りは今年に入ってからの挑戦ですが、これまでの環境マネジメントでの経験から言えば、きちんとこの8段階ステップに忠実に行うことができたらうまく行く!というという事は経験的に分かっています。

 したがって、変革対象が多くなった場合に試みているのは、各地の変革段階が「今どのステージにあるのか?」という点を明確に認識するということです。その上で、各ステージごとでの対策をきちんと打つということをやっています。

 それを各ステージ毎(現状6段階まで)に書き出してみると


■第1段階:「危機意識を高める」

 ●現場に今どれだけリスクがあるかを可視可(数値等)して示す
  ※責任者に目指す基準とのギャップを認識してもらう
   誰の責任でそうなっているのかを全社に開示する(経営方針の浸透)


■第2段階:「変革推進チームをつくる」

 ●誰の責任で対策を進めるのかを明確にする(チーム体制)
  ※キックオフミーティング、社内報告会等の実施


■第3段階:「ビジョンと戦略を掲げる」

 ●目指すビジョンと戦略作り
  ※戦略は、対象者が納得するロジックであること
   戦略作りにはできるだけキーマンに関わってもらう


■第4段階:「ビジョンと戦略を周知徹底する」

 ●出来たビジョンと戦略は、社内のあらゆる機会を使って周知を図る
  ※現場周り、ミーティング、社内報告会、様々なMLの立上げ、社内ブログの立上げ
   やる以上は知らない人がいないように社内認知の徹底を図る
   数が多くなるとこのステップが一番難しく、社内ブログも新しく活用して試行錯誤中・・


■第5段階:「行動の傷害を取り除く」

 ●現場からの反発は当たり前なので、それを提案にして取り込んでいく
  ※障害を残さず現場の意見が妥当ならすぐに対応していく


■第6段階:「短期的な成果を生みだす」

 ●成果を感じられる仕組みにしておく
  ※数値化の仕組みがこれにあたり、やれば確実に数値で成果を把握できる

 
  最大の課題、対象の多さへの物理的な作業量の対応はこれまで少しづつ触れてきているように、以下のように実施しています。


■対象の多さに合わせて変革リーダーを増やす

 現場リーダーとチェックの旅で書いているように、現場リーダーを変革リーダーにいち早くなってもらうことです。
 そのために、所属しているところと全く別の施設チェックに同行してもらっています。

 □5つの狙い(現場リーダーに同行してもらう意図)
 ----------------------------------------------------------------------------------
 1.取組み速度をあげる(マンパワーの増強)
 2.調理スタッフならではの視点で複合チェック(チェック機能強化)
 3.他施設チェックすることによるリーダー自身のレベルアップ(成長による意欲向上)
 4.リーダー自施設の取組強化への相乗効果(足下の引き締め)
 5.リーダー自身の社内ネットワーク作り(新しい刺激による意欲向上)
 ----------------------------------------------------------------------------------

 これは変革スピードを上げるのにかなり効果的であると分かってきています。
 一番の課題は、現場からリーダーを派遣する余裕があるかどうかで、うまく繁閑の差を活用してこれが機能する仕組みを作るのが今の優先課題でもあります。これからリゾートの繁忙期なのでしばらくは難しいのですが(^^;
 
 それと現場に合わせて、私自身の絶え間ないレベルアップが必須であることも付け加えてしめくくりたいと思います。

------------------------------+
  塩手勝久  (株)星野リゾート
  環境マネジメント/HACCP担当
   zero@hoshinoresort.com
 「星野リゾートの環境への取組み
+------------------------------

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://w0.chieichiba.net/mt/mt-tb.cgi/311

コメントする