(by 塩手勝久)他社の失敗も教訓へ

| コメント(0) | トラックバック(0)

DSC07355.JPGDSC07354.JPG 4日間の滞在を経て、ここ「トマム」を後にしました。今日は月に一度の経営会議(スタッフは誰でも参加可能)の場で、現場リーダーによる「食品安全マネジメント」のプレゼンを確認してこの出張を終えました。会場が、体感レストラン「祭りや」の一角で行われ、トマムらしい雰囲気も味わっていました(^^; いろいろと多くの課題を確認し、着実に進めることで合意を得てこれからが現場リーダーの正念場です。私は遠くから援護射撃以外できません・・

 さてこのようなタイミングに、東京で最も客単価の高いホテルと言われ続けた一流ホテルで食中毒事故が起こったと情報が入ってきました。2カ所の婚礼会場が6日間営業停止となったようです。とても他人事ではありませんでした・・・

 
■現場の築いてきた信頼を失う瞬間

 挙式される新郎・新婦にとっては、一生に一度の場です。憧れのあのホテル・あの会場で・・と思っていた矢先、ホテル側の失態で変更を余儀なくされてしまうのです。ホテルに対する信頼を疑う瞬間だと思います。

 悔しいのはサービスする側のスタッフも同じです。そういう場だと分かっているし、自分たちに対する期待も分かっているから、約束したものを提供できない悔しさでいっぱいだと思います。
 
 食中毒事故というのはこのようにどちらにとっても不幸なことでしかありません。今回のニュースは他人事ではなく、改めて自分の役割を再認識する機会でもありました。

 お客様・スタッフの両方にとっての不幸な出来事をなくす活動なのです。活動の初期には、現場の負荷も大きくなかなか賛同の得られない活動でメンタル的にもタフさが要求されます。しかし、この使命を認識し・伝えていくことで、文化として浸透させていくことに集中し自分を奮い立たせていきます。

 次は体調も万全にして・・(^^;

 
DSC07360.JPGDSC07362.JPG 帰りの新千歳空港で海の幸を味わい(空港レストランでしたがまずまずおいしかったです)、雨天の中空に飛び立って雲の上の晴れやかな様子はなんだかすがすがしい気持ちになりました。おかげでレポート作成を気持ちよく終えることができました(笑)


------------------------------+
  塩手勝久  (株)星野リゾート
  環境マネジメント/HACCP担当
   zero@hoshinoresort.com
 「星野リゾートの環境への取組み
+------------------------------

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://w0.chieichiba.net/mt/mt-tb.cgi/280

コメントする