(by 塩手勝久)コミュニケーションのレベルアップを!2

| コメント(0) | トラックバック(0)

iina.JPGjyusyousya.JPG 今日は三重県での、第4回日本環境経営大賞の表彰式に参加してきました。これは私が事務局をしている(社)長野県環境保全協会 佐久支部と信州大学工学部ISO学生委員会との連携プロジェクトが評価されたものです。表彰式は学生が代表して参加し、若々しく挨拶しました。着実に活動が発展していっており、これでいっそう加速していくでしょう!

 さて、コミュニケーションの課題についてです。


■ちょっと気を抜くと・・

 昨日、「コミュニケーションのレベルアップを!」でまとめ、さっそく本日実践を試みました。

 まったく意識しなかった時よりは、なんか少し変化しつつある気がします。しかし、ちょっと気を抜くと、人の話を聴きながら「自分の考え事をしている」ことに気づきました。どうも、先に自分の考えたいことに気が散ってしまう傾向がはっきりしてきました(^^; この話の最中に「自分の考え事をする癖」は早く修正していきたいものです。これを明確に気づきはじめたことが、現段階の収穫だと思います(^^;

 タイミングよく、「対話研究所」浅野さんのブログ「私たちは無意識に傾聴していた」にうまくまとめられてます。

 ↓以下引用
---------------------------------------------------------------
同じ行為でも、意識して行なうのと、無意識あるいは、たまたま運良く(?)
行なうのとでは、結果に大きな違いが出てくる。意識していないと、せっかく
の効果的な行為も、必要な時に再現できないからである。
---------------------------------------------------------------
 まさしくこの通りで、必要な時(相手の共感を得たい時、間違いなく指示を伝えたい時等)に「再現する」ことが重要だと思います。

 「再現」できるようになるために、意識して行える比率をなんとか高めていきたいものです。
 日々トレーニングですね。 結果、無意識レベルで傾聴できる状態が目指す姿です!


------------------------------+
  塩手勝久  (株)星野リゾート
  環境マネジメント/HACCP担当
   zero@hoshinoresort.com
 「星野リゾートの環境への取組み
+------------------------------

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://w0.chieichiba.net/mt/mt-tb.cgi/265

コメントする