(by paco)軽快なAlfa147と、おとなのAlfa156

| コメント(0) | トラックバック(0)

by paco)paco's147が修理中ということで、ひとつ上位車種のAlfa156を代車に借りていました。156と147の違いや、インプレッションはこちら


で、「147の方がいいワ」という印象が正しかったか、改めて戻ってきた147で確認してみたのですが、やっぱり147で正解です。156にしなくてよかった。前回のレポートでも書いたとおり、全体の軽快感が147の方が上で、僕の好みに合っていることが大きな理由です。

エンジン自体は、156のJTSと比べるとやはりトルクが細く、加速力そのものは迫力がありません。しかし147のTS(ツインスパーク)エンジンは、すばらしくスムーズな回転と、アクセルに敏感に反応するレスポンスというか、ピックアップの鋭さが違う。

回転のなめらかさは、世界の4気筒エンジンの中ではトップという評価が高く、同じバランサーシャフトを持っているといってもJTSとよりも一段上です。この点をなぜアルファのエンジニアが許容したのか、やはり高出力かは難しいトレードオフがあるのでしょう。実際、国産/輸入車の高性能4気筒エンジンにずいぶん乗りましたが、力強いエンジン、よく回るエンジンは他にあっても、これだけ上品でスポーティなエンジンは知りません。6気筒のようなシルキーなスムーズさを感じさせる一方で、4気筒らしい軽快さと豪快さがあるこのTSエンジン、デビューから20年近くたっているわけですが、実力は今も非常に高いといえます。

アクセルレスポンス(ピックアップ)も、スポーツエンジンの重要な要素で、よく、右足の動き数ミリにも反応する、というわけですが、この点は156のJTSも147のTSもどちらも秀逸。ただし、TSの方が実際にアクセルをon/offして微妙なコントロールをしたくなるのはなぜなのかな。たぶん、シャーシが、アクセルコントロールに対して敏感で、ちょっとしたonでアンダーステア、ちょっと戻すとニュートラルというように、アクセルでコントロールしやすい特性によるところが大きいのだと思います。156はアクセルコントロールしても、姿勢が変わりにくい、つまり安定志向が強い。そんなシャーシ性能もあって、レスポンスに優れたエンジンの特性を、147の方が活かしやすいと言うことなのだと思います。

シャーシ(サスペンション)の性能という点についてもう少し話すと、156では、コーナー入り口で姿勢を決めてアクセルを一定にし、出口が見えてから一気に踏むというセオリー通りのコーナリングが自然です。一方、147は、ちょっとオーバースピードで飛び込んでも、アクセルのon/offでスピードもコーナリングフォースもコントロールできるので、ドライバーがコントロールしている感を強く感じることができる。これが、147の大きな魅力になっているわけですね。

絶対的なスピードは、それほど速いわけではありません(人に言えない速度だったりはしますが(^^;)、国産のもっとやすい、それほどかりかりスポーツじゃないクルマでも、もっと速い車はいくらでもあるでしょう。でも、コントロールしている感は、Alfaの敵じゃない。

ということで、あらためて気持ちがいいクルマだなあと思う六兼屋のAlfa147でした。ただし、今の時期、冬用のスタッドレス「ガーデックス742」(横浜)を履いているので、これがブレーキ性能が悪い。コーナリング性能は、そこそこ楽しめるレベルなんですが、がっとブレーキを踏むと、簡単にロックするらしく、ABSが効いて、カタカタいいます。クルマの制動力をタイヤが支え切れていないということなので、ちょっと怖いですね。ゴルフのときに履いていたミシュランやブリジストンのスタッドレスではドライ路面でABSが効くことはほぼなかったのですが、タイヤの性能の問題なのか、はたまたアルファの性能が高すぎるのか、僕の乗り方が過激なのか、ご想像にお任せします。

ところで、156を借りだしたときには走行距離800kmほどの新車状態だったのですが、返すときは2300kmと、1500kmをともにしました。この間、エンジンもシャーシも急速に慣らしが進み荒さがとれて、スムーズになり、乗り心地がよくなり、しっとりした質感が出てきました。これからまだまだ熟成するだろうなという印象なので、機会があればまた代車に貸してほしいぐらいです(^^;)。

147も13,000kmを超えて、さらに当たりがついてきました。サスペンションの動きは一段とスムーズになり、エンジンも上まできれいに周り、欠点のひとつだった低速でのハーシュネス(突き上げ感)もかなりよくなりました。もっともこれは、僕の方が慣れただけかもしれません。最初のころはゴルフとの比較で、やたらに堅いと感じられた足回りも、今ではもっと堅くてもいいと思えるようになりました。人間の感覚は、本当にいい加減なものです。

ということで、かなりソフトに感じられるようになってきたこともあるので、4月になったら、夏用タイヤとホイールを新調しようと思っています。純正と同じ16インチにするか、インチアップしようかと悩んでいたのですが、こうなったらインチアップですね?。

ホイールはほぼねらいがあるのですが、タイヤをお悩み中。イタリアらしくピレリ・Pzero-rossoにするか、高次元バランスのポテンザRE050にするか。もうちょっと悩みます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://w0.chieichiba.net/mt/mt-tb.cgi/132

コメントする