(by paco)ライフデザイン・ダイアローグ

| コメント(0) | トラックバック(0)

(by paco)2週間ぶりに六兼屋にやってきました。先日、東京に雪を降らせた低気圧は、なぜか八ヶ岳にはやってこなかったらしく、こちらはまったく雪がありません。

気持ちいいなあと思いつつ、薪ストーブに火を入れて、水を出したら、濁り水です。六兼屋は井戸水なのですが、この井戸の状態が安定せず、ずっと悩まされているのです。特に冬は渇水期になるためか、濁りやすく、毎年のように濁ります。しばらく使っていると澄んでくるのですが、付いた当日は一晩だしておいて、やっときれいになることも。今回は特にひどく、どう見ても泥水です。仕方がないので、ミネラルウォーターを買い込み、食事は「大泉高原ロイヤルホテル」内にある居酒屋レストランで外食、風呂は甲斐大泉の「パノラマの湯」に入りに行きました。水を出しっぱなしにしているのですが、まったくきれいになるようすがなく。井戸を掘るボーリング会社の藤本さんに電話して、来てもらうことになっています。いまの状態では、水を飲むどころか、食器を洗うこともできそうにありません。自然と付き合うのは、なかなか骨が折れます。

238dialogue.jpg■[decision]「ライフデザインダイアローグ」スタート


ここ数年、ライフデザインという切り口で、自分らしい生き方を実現するということはどういうことか、本を書いたり、ワークショップを開いたりしてきました。「その人が真にその人らしくあること」というのが、僕がずっと考えてきたことで、もちろん、自分自身も例外ではないのですが、自分だけでなく、一人でも多くの人が自分らしく、自己決定権を持って生きることができる社会を実現したい、と、高校生ぐらいから考えてきた、それをいま実際にアクションに映しているわけです。

本を書いたり、知恵市場で情報発信をするのは、こういう考え方を広く、浅く、社会に提案する試みで、ワークショップやセミナーは、もう少し狭い範囲の人に、もう少し深く提案する方法で、これをここ数年、やってきたわけです。

ライフデザインとは別に、ロジカルシンキングやクリティカルシンキングという名前で、考える方法を教える仕事もしているのですが、これも、考える力を自分らしい生き方を実現する道具として使ってほしいという願いが基本にあります。

企業内研修にしても、グロービスにしても、論理思考を教えることを「企業や組織を強くする」という目的で考えたことは、実はあまりなく、基本的には僕は「個人をパワーアップしたい」という指向を持っているのです。

そんなこともあって、これまで本を書いたり、ワークショップやセミナーをやってはきたものの、今ひとつ違和感があり、ワークショップをたくさんやろう、という気持ちにはなれませんでした。

そんな気持ちを抱えつつ、ここ1?2年を過ごしてきたのですが、その間、何人かの人と個人的なおつきあいをするうちに、どうやらこういう個人を支援する方が、自分の気持ちに合っている、ということがわかってきたのでした。

2年前のライフデザインワークショップに来てくれた人が、その後も自分の道を進むために活動を続けて、少しずつ前進している姿を見てきました。特にこちらから何か働きかけているわけではないのですが、ときどきメールをくれて、それをきっかけに、こちらから何かアドバイスしたり、会って話をしたりすることで、QOLに向かって半歩、一歩を踏み出した方が何人かいます。僕はそういう人を見て、支援する方が好きなようです。

ということに気がついたこともあり、今年は個人向けのライフデザイン支援サービスを始めることにしました。方法は、以下のようなものをイメージしています。

★ライフデザイン ダイアローグ(対話)by paco

QOLを高めたいために、ライフデザインをきちんと継続的に考えたい方、
個人をpacoがメンターとして支援する、対話型のサービスです。

(1)コーチングと同様に、メール、文字チャット、電話(MSNメッセンジャー/スカイプ)、実際に会って対話、などの方法で、あなたの話を聞き、状況を整理し、アドバイスを行います。

(2)ダイアローグを受けるための条件は、「知恵市場有料会員」とします。

(3)料金は、「お布施」型とします。
標準料金は提示しますが、お金を払うかどうかは、利用者であるあなたの判断にお任せします。「もともと友だちなんだし、お金を払うのはなんだか違和感あるな」という方は、無料でかまいません。「友人/知人であっても自分のために時間をちゃんと使ってほしいから、お金を払った方が気が楽」という方は、料金をお願いします。お金というのは、変幻自在なものです。払うことによって気が楽になることもあるし、払うことが違和感になることもある。だとしたら、払う側の判断に任せようというのが、この企画の趣旨です。あくまでも、あなた自身のライフデザインの加速のために、どちらがいいかという点で判断してください。ちなみに、払う/払わないにかかわらず、僕のアウトプットの質は、変えません。また、払うかどうかで、友だち/お客というようなおつきあいの質を変えることもしません。あくまで、払うかどうかは、あなたの気持ちが、どちらがしっくり来るか、という問題です。また、払う/払わないを途中で毎回変えてもかまいません。

(4)相談形態と料金
メール
→無料(知恵市場有料会費=@niftyのコンテンツ料のみ)
文字チャット(MSNメッセンジャー)
→無料(知恵市場有料会費=@niftyのコンテンツ料のみ)
→1時間を超える場合は、「音声チャット」に準じます
音声チャット(MSNメッセンジャーorスカイプ。ビデオ映像付きもOK)
→最初の30分は無料/以後、30分ごとに1000円
ミーティング(都内ティールーム/六兼屋など)
→1時間ごとに5000?10000円

※支払い自体が任意なので、時間もアバウトです。料金も目安です。これ以上多くても、少なくてもOK。実施後、役に立ったかどうかを判断してからの後払いでもOK。すべて自己申告で。料金のお支払いは、振込でお願いします。

※いずれの形態の場合も、複数人のグループでの申し込みもOKです。「友人3人で受けたい」ということも可能です。料金もあなたにお任せします。

※くれぐれも勘違いしてほしくないのは、僕がお金を払ってもらうことを求めているのではない、ということです。払う/払わない、どちらが相談をしたいというあなたの気持ちに合っているかで、判断してください。

(4)申し込み

ダイアローグを希望される方は、事前に以下の内容でメールをお願いします。

-------------------------------------
to:paco@suizockanbunko.com
subject:ダイアローグ希望(氏名)
本文:氏名
年齢(自己申告)
連絡先(携帯やe-mail)
相談内容(ざっと)
相談の形態
料金の希望/予定
希望の日時(いつごろ、何時ぐらい)
-------------------------------------

具体的なアポイントは、申し込み後、相談しましょう。

(5)ダイアローグのイシュー
たとえば、こんな内容の相談をお受けできます。
・就職/転職/キャリア形成
・起業/ネタ探し/商品プラン
・恋愛/結婚/夫婦の関係
・デュアルライフ
・子育て/子どもの教育
・ロジカルシンキングの方法
・ほか、pacoならできそうなもの

(6)実施条件
申し込みいただいても、pacoの都合で必ずお受けできるとは限りません。時間なども制約があるので、希望に添えない場合は、ご容赦を。またテーマによってお受けできないものもあります。

というわけで、こんなアバウトな条件で、相談をしてみたいという方、ぜひどうぞ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://w0.chieichiba.net/mt/mt-tb.cgi/69

コメントする